読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倭マン's BLOG

くだらない日々の日記書いてます。 たまにプログラミング関連の記事書いてます。 書いてます。

2013年12月18日のツイート

@waman10da: 中国紙、安倍首相の「夢」を批判 #ldnews URL @livedoornewsさんから2013-12-18 22:32:06 via Tweet Button @waman10da: 赤ちゃんポスト、中国でも続々設置 最後の希望か、子捨て山か? | NewSphere(ニュースフィア) URL @NewSphere01さんから20…

『初めまして、空々空。 僕はまぁ、地球だ』

『悲鳴伝 (講談社ノベルス)』読了。軽くネタバレ いきなり他書を持ち出すのもアレですが、物語の始まりは『アライブ 最終進化的少年(1) (月刊マガジンコミックス)』みたいな感じの絶望的で破滅的なスタート。 こういう始まりだとシメがしっかりしてないと話…

物盗りの囀り スキル・ツイート (skill tweet)

1週間でやっとこさ、完全院さんのスキル600個のツイートが完了したので、スキルの一覧を作っときます。 各スキルの前の @waman10da から、各ツイートに飛べるよ。刀剣系スキル×100 @waman10da / 1. 刀を精製するスキル 『見囮刀』 ソードルックス #刀剣系ス…

スキルが多スギル

めだかボックス第143箱「そんな理由じゃないんですよ」より、完全版安心院さん(通称完全院さん)のスキル600個 刀剣系スキル×100 #刀剣系スキル 格闘系スキル×100 #格闘系スキル 魔法系スキル×100 #魔法系スキル 精神系スキル×100 #精神系スキル 生物系スキ…

OVER HEAVEN

『JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN』読了。ネタバレにならない程度で大雑把な内容を言うと、第3部(JOJO : 空条承太郎)での DIO が、日記とともに第1部(JOJO : ジョナサン・ジョースター)の頃の回顧録を所々挿入し…

「いや上杉はお前だよ」

『少女不十分 (講談社ノベルス)』読了。西尾維新、作家人生10年を経ての原点回帰とのことで、クビキリサイクルとかのようなミステリーかな?とちょっと思ってたけど、実際にはそうでなくて、小説家としての原点回帰というか、作家志望者から作家へと一皮むけ…

君の影、探してまよう帰り道。

西尾維新『傾物語 (講談社BOX)』を読々。この巻は『傾物語(カブキモノガタリ) 第閑話 まよいキョンシー』。 で、八九寺真宵(はちくじまよい)がヒロインかと思いきや、もっと言えば、前回の流れからして語り部がそもそも八九寺真宵なのかと思いきや、彼女…

君がため、産み落とされたバケモノだ。

西尾維新『猫物語 (白) (講談社BOX)』を猫パーセント趣味で読んでみた。第懇話 つばさタイガー。 委員長の中の委員長、羽川翼(はねかわつばさ)の、「第五話 つばさキャット」、「第禁話 つばさファミリー」に続く3つ目にして最後のエピソード。 新に魅入ら…

人類のあまりの無軌道さに、見よ、地球がこうも青ざめている

西尾維新『零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)』を読んでみた。表紙が零崎双識風なので予想はついたけど、人識君、双識に変装しております。 まぁ、その原因は敵の間抜けさなのですが。その間抜けな敵たちは「呪い名」の寄せ集め6名から…

クラシックとは、本来一級という意味だ。 そのような作品が古典にしか存在しないから、それらがイコールで結ばれたに過ぎない

西尾維新『零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)』を読んでみた。零崎一賊最強とも言われる零崎曲識(ぜろざきまがしき)のオムニバス形式ストーリー・・・悪くない。「ランドセルランドの戦い」。 匂宮出夢、凄すぎ。 曲識も凄すぎ。 双識、人識、微妙。「…

嫌なことは嫌々やれ 好きなことは好きなようにやれ

西尾維新『零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)』を読んでみた。この巻はオムニバス形式で、それぞれのエピソードに関連性がないわけではないけれど、基本的には独立してます。 また、前巻では基本的に零崎双識(ぜろざきそしき)が大活躍でしたが、この…

戯言シリーズ・人間シリーズ年表

西尾維新『人間シリーズ』のエピソードの時系列がよく分からなくなってきたので、ちょっとまとめてみました。 目安のため、『戯言シリーズ』も一応載せてます。 あんまり厳密ではありませんが。 年月 出来事 戯言シリーズ 人間シリーズ 登場人物年齢 10年前 …

『才能』と『性質』、確かに似たようなものではあるけど、前者は育て上げるものであり後者は押さえつけるものであるという歴然たる違いを無視してはいけない。

西尾維新『零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)』を読んでみた。この巻は「二十人目の地獄」、「自殺志願(マインドレンデル)」こと零崎双識(ぜろざきそうしき)のお話。 いやまぁ、無桐伊織(むとういおり)の覚醒の話でもありますけど。マインドレンデ…

狼少年は狼が来るって嘘をついてたんでしょ? いーちゃんは、狼なんていないって嘘をついてたんだよ。 その違いって、結構なんか、どーでもいいことのようで、決定的だよね。

西尾維新『ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)』を読んでみた。ネコソギラジカル完結。 アトガキには、「ハッピーエンドってどうなの?」みたいなことが書かれてましたが、この話はハッピーエンドのうちに含まれてる気がする。ところ…

やって後悔するのとやらずに後悔するのならやって後悔する方を選ぶ―ではやって後悔しないのとやらずに後悔しないのとでは、どちらを選ぶ?

西尾維新『ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)』を読んでみた。ネコソギラジカルの上・中・下が「序破急」なら、まさに「破」というべき巻。 「橙なる種(だいだいなるしゅ)」の圧倒的強さは、辿り着くところまで辿り着いた「人類最終…

やりたいことをやろうとするとやりたくないこともやらなくちゃいけなくてやりたくないことをやらずにいるとやりたいことがやれなくなる。

西尾維新『ネコソギラジカル(上) 十三階段 (講談社文庫)』を読んでみた。3巻で1000ページくらいかと思ってたら、1冊600ページくらいあるので3冊で1800ページ(^ ^;) まぁ、ページを捲る手はなかなか止まらないので、あとは体力勝負ってところかな。さてさて、…

人の死は、その人だけのもの。他人が感情移入してごちゃごちゃ言うのが度を過ぎると、みっともないだけだ。

西尾維新『ヒトクイマジカル (講談社文庫)』を読んでみた。ブッ、ブ厚い! 約750ページ! 単純に読みにくい(笑) ページ数的には2冊に分けても良さそうなモンだけど、内容的には1冊目が全く事件起こらないで終わってしまうので仕方ないかな。ストーリー的に…

戯言遣いの本名は?

西尾維新『クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)』を読んでみた。以前に先走って『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)』を読んだとき、萩原子荻(はぎわらしおぎ)や西条玉藻(さいじょうたまも)の活躍が縷々と書かれてい…

一人殺せば殺人者だが何百万人殺せば征服者になれる。全滅させれば神だ。

西尾維新『サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)』『サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)』を読んでみた。初っぱなから「戯言遣い」と兎吊木垓輔(うつりぎがいすけ)の対話から。 対話というより、兎吊木の一方的な攻めで…

「普通ってなんだと思う?」「知らねーさ。不都合の略かなんかじゃねーのか?」

西尾維新『零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)』を読んでみた。『人間関係シリーズ』は本編読んでからにしようかと思ってたけど、どうも、『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)』で起こっていた京都通り魔事件の真相…

知らぬまに、落ちているのが初恋だ。

西尾維新『猫物語 (黒) (講談社BOX)』を読んでみた。この巻は『傷物語』に続いて、『化物語』中で語られていた伏線エピソードを回収するお話。 『傷物語』は春休みに阿良々木暦が吸血鬼に襲われた「こよみヴァンプ」というエピソードでしたが(祝・アニメ化…

アニメ化可能?

『化物語』の前日譚である『傷物語』が、西尾維新アニメ化プロジェクト第3弾としてアニメ化されることが決定したようです(→)。 語シリーズの最高傑作との呼び声高い『傷物語』、早く見てみたい!*1それなりにグロイ描写があって、すべてを見通している風な…

結局 X/Y の意味が分からないオレ

西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)』を読んでみた。 今回は文庫版で。殺人のトリック自体は「まぁ、それなり」って感じで、読んでて「犯人はコイツかな?」みたいな目星はつくけど、むしろそれを思いつつ、また、主人公である…

「この作者は天才だ!」

とはさすがに絶叫しなかったけど、『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)』を読んでみた。 『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)』を読んで、世界観が全然分からなかったので『クビ〜』へ原点回帰。 なんか、結構…

「強いってどういうことですか?」 「それを考えなくなることだ」

西尾維新『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)』を読んでみた。零崎人識(ぜろざきひとしき)と匂宮出夢(におうのみやいずむ)との関係―「敵対関係」。「戯言シリーズ」ってのがあるそうだけど、そっちを全く読まないまま読むと、「完全…

化物語『つばさキャットその伍』配信

開始されてました(→)。オープニングテーマ以外にも実写が使われてて、ムムッ!?と思ったけど、来週あたりにアニメになるらしい。 羽川翼のような、現実に有り得ないくらい完璧な人間は、あんまり実写使わない方がいいよね。また、7月28日に『猫物語』が発売…

薄刀・針

前回の予告で七花と白兵が大バトルを繰り広げてたので、アニメのオリジナリティーが炸裂するのかと思いきや、期待を裏切らずに期待を裏切ってくれた感じ(笑)真庭蟷螂、結構イケメンじゃん?真庭蝶々、死亡フラグ勃ち立ちまくり(笑)真庭蜜蜂、一方的にや…

虚刀・鑢

【完全生産限定版特典】に付属の【特典CD】に収録の『第零話 虚刀・鑢 / 第一章』(全十二章)。 内容は 原作者:西尾維新完全書き下ろしにより遂に語られる、虚刀流六代目・鑢六枝の真実! だそうですが、それの「冒頭部分」が刀語のサイトで試聴できるよう…

つばさキャット(下)

DVD & Blu-ray また延期(→)。 ついでに本編配信も伸ばしてほしい。原作、「化物語(下)」より「傷物語」の方が購入数、クリック数ともに多いんですねぇ↓↓↓ 化物語(上) (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/11/01メディア…

つばさキャット4

いつの間にニャら、化物語『つばさキャット其ノ肆』が配信開始されてたニャw→ 時期を逸したせいか、特に混雑もなく試聴できたニャ 化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [DVD]出版社/メーカー: アニプレックス発売日: 2010/02/24メディア: DVD…

宇練銀閣、シブし!

刀語、第2話『斬刀・鈍(ざんとう・なまくら)』、関西で放送。原作と比べて少々端折ってるところもありましたが、作品の雰囲気はいい感じ。 宇練銀閣シブいですね。下酷城への道程での会話は、原作のノベルでも面白かったけど、アニメはアニメで面白かった…

これぞ豪華絢爛戦国図屏風、真庭忍軍ただいま見参!

西尾維新著『真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺 (講談社BOX)』読了。『刀語』からのスピンオフ作品。 真庭狂犬(これは『刀語』に出ていたのと同一人物)が観察者となって、戦国時代の真庭の里の忍者達とお話を紡ぐ語り。掲載内容…

刀語 スピンオフ

『刀語』のスピンオフ作品 真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺 (講談社BOX)作者: 西尾維新,竹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/12/02メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 30回この商品を含むブログ (68件) を…

刀語

刀語読了! アニメも楽しみ。 刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)作者: 西尾維新,take出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/01/10メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 103回この商品を含むブログ (262件) を見る 刀語 第二話 斬刀・鈍 (講談社BOX)作者: 西尾…

あんたがいなきゃ、おれなんて―すぐに死んでたよ。すぐに折れて曲がって―錆びて、終わってたよ

西尾維新著『刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象?は「炎刀・銃(えんとう・じゅう)」。 現代の言葉で言えば、「回転式連発拳銃」と「自動式連発拳銃」。 既に蒐集する必要なくなっちゃったけど。 一応、蒐集対…

おれの父親は―親父だけだよ

西尾維新著『刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「毒刀・鍍(どくとう・めっき)」。 最も刀の毒性の強い変体刀。 王刀・鋸の真逆の性質っす。 招集対象はまにわに最強の真庭鳳凰。 って言っても、鍍の「最強の…

とがめはそもそも、幸せなんて求めちゃいないよ

西尾維新著『刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「誠刀・銓(せいとう・はかり)」。 人を斬る刀ではなく己を斬る刀―己を試す刀。 己を知る刀。 要は、己自身を測る刀、だそうで。 形は刃がなく、柄と鍔のみ。 『幽☆遊☆白書』で桑原…

刀語アニメスタート!

西尾維新原作、『刀語』アニメが関西圏でもスタート。初っぱなに飛騨鷹比等がバッチリ出て来てますけど。 しかも若い! 原作中で謎めいた人物の一人だったので「いいのかなぁ?」とチョット思いつつ、でも、飛騨城(だっけ?)の落城からの始まり方はいい雰…

この二十年の間に本当に無名になっちまったんだな、虚刀流って

西尾維新著『刀語 第九話 王刀・鋸 (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「王刀・鋸(おうとう・のこぎり)」。 ってか、木刀じゃん! よりによって、木刀に「のこぎり」て(笑) この刀の所有者への効果は、(刀の)毒気を抜く解毒効果「王刀楽土(おうとう…

存在そのものが居ながらにして一本の日本刀―それがこのおれ、鑢七花だ

西尾維新著『刀語 第八話 微刀・釵 (カンザシ) (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「微刀・釵(びとう・かんざし)」。 「釵」は十手のような沖縄の武具・サイも意味する。 サイがかんざしの形に似ているからサイに「釵」という漢字を当てたんだっけ? ま…

おれはとがめのために戦うって決めたんだ。それがおれのためでもある

西尾維新著『刀語 第七話 悪刀・鐚 (アクトウ・ビタ) (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「悪刀・鐚(あくとう・びた)」。 雷を帯びたこの刀(形はクナイ風)を電極の如く身体の中央に差し込むことによって、その人間を強制的に癒す力を持つ。 要は、無理…

おれはとがめに惚れてるんだからよ―裏切るわけがねだろうが

西尾維新著『刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ) (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「賊刀・鎧(ぞくとう・よろい)」。 西洋甲冑を模した防御主体の日本刀。 対戦相手は鎧海賊団船長校倉必(あぜくらかなら)。 前回に比べると、普通な対戦相手だね…

とがめはな―どんな苦境にあったって、自分の決断を後悔することだけはねえんだよ

西尾維新著『刀語 第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ) (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「双刀・鎚(そうとう・かなづち)」。 無骨で、分厚く、強く、そして重い! 四季崎記紀が「重さ」に重きを置いて製作した刀。 対戦相手は凍空一族の生き残り、凍…

オレは刀だからな―。 とがめ以外のためには、心も身体も、動かないさ

『刀語 第三話 千刀・ツルギ』読了。今月の蒐集対象は『千刀・金殺(せんとう・つるぎ)』。 全く同質の刀が千本。 究極の使い捨て刀。 といっても千本ちゃんと残ってるようだけど。とがめが推理した、最初の一本の見分け方。 個人的には目印を付けるなら、…

そいつを倒せば、おれが日本最強になれるってことだろう?

『刀語 第四話 薄刀・針 (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は「薄刀・針(はくとう・はり)」。 『軽さ』や『薄さ』を主題に据えた刀。 向こう側が透けて見えるほどの薄さだそうで。 武器って言うより芸術品ですねぇ。 相手は第一話から伏線のあった堕剣士…

あんたはまだその程度にしか虚刀流を知らないということだ

西尾維新『刀語 第二話 斬刀・鈍 (講談社BOX)』読了。今回の蒐集対象は『斬刀・鈍(ざんとう・なまくら)』。 何でも斬れる刀に「なまくら」と名付けるのは、まぁありがちかな。 扱い手が抜刀術を得意とするっても含めてなかなか格好いいですねぇ。 何でも斬…

虚刀流はよ、刀を使わないからこそ強いんだ

『刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)』読了。来年(2010年)1月から「刀語」アニメがスタート。 それに先駆けて、原作を読むことに。最初の一本は絶刀・鉋(ぜっとう・かんな)。 頑丈さに主眼を置いて作られた刀。 折れないし、曲がらないし、だからこそい…

めだかボックス

って西尾維新原作だったのね。 初めて知った。 めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)作者: 暁月あきら,西尾維新出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/10/02メディア: コミック購入: 8人 クリック: 247回この商品を含むブログ (118件) を見る

1日過ぎてるけど・・・

やっと化物語『つばさキャット其ノ参』配信開始(→)。ブラック羽川、最後にチラッと出てきただけだけど、アニメ化で一番雰囲気が出てるキャラじゃん(というより、アニメ声が似合うってだけかな(笑))。八九寺真宵へのセクハラ、羽川とのラジオ談議なぞも…

青春は、にせものだけでは終わらない。

西尾維新著『偽物語(下) (講談社BOX)』読了。タイトル的に『化物語』の再度ストーリー程度かと思ってましたが、案外『偽物語』の方が内に含んだテーマが深い。 上巻ではまだ「うーむ・・・」って感じでしたが、下巻を読むと「ふむふむ」と思える。 まぁ、下…