読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倭マン's BLOG

くだらない日々の日記書いてます。 たまにプログラミング関連の記事書いてます。 書いてます。

9つのアルゴリズム

『世界でもっとも強力な9のアルゴリズム』読了。本屋でたまたま見つけて買ったんですが、当たりでしたね。 今や誰もが使っている検索サイトが裏で何をしてるのか? 大きなサイズのファイルを小さく圧縮するのはどういう原理なのか? こういった、PC 使ってた…

現場で使L Java ライブラリ

『現場で使えるJavaライブラリ』で紹介されているライブラリをめもめも。 ライブラリ名の前に*が付いているものはコラムレベルで扱われているものです(裏表紙には載ってるけど、目次には載ってない)。第1章 基本ライブラリ ライブラリ ライセンス Grape/Gr…

「捏造」する検察

井上薫『「捏造」する検察 (宝島社新書)』読了。大阪地検の証拠捏造事件を受けて書かれた井上薫氏の著書。 何か月後とかにこの人の著書を読みたくなるバイオリズムがありまんね。 理系出身の元判事さんなので比較的文章は自分に合ってる気がするし。内容的に…

池上彰が子供に贈る本

『教えて!Mr ニュース池上彰の2010年総決算』 (2010年12月14日放送)で紹介されていた本をメモ。Justice: What's the Right Thing to Do?作者: Michael Sandel出版社/メーカー: Penguin発売日: 2010/02/25メディア: ペーパーバック購入: 31人 クリック: 11…

インフレーション宇宙論

佐藤勝彦著『インフレーション宇宙論―ビッグバンの前に何が起こったのか (ブルーバックス)』を読んでみた。著者は、実際に「インフレーション理論」を提唱した1人だそうです(提言した名前は「指数関数的膨張モデル」)。 大抵の場合、自分のした仕事を書籍…

ヲ乙女図鑑---ヲタクで可憐な乙女が過去を独白

ヲ乙女図鑑 (THE WOTOME BOOK 1)作者: 田中秀幸出版社/メーカー: 壽屋発売日: 2010/09/25メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 43回この商品を含むブログ (10件) を見る以下の情報はけっこう適当です:-) 名前 属性 専門分野 Blog/Twitter 加…

経済物理学(エコノフィジックス)

高安秀樹『経済物理学の発見 (光文社新書)』を読んでみた。経済物理学(エコノフィジックス)という単語と、著者の名前は何となく以前から目にしてましたが、書籍(というか、それなりの長さの文章)を読んだのは初めてでした。 拙者には経済学の素養がない…

遺伝子の円舞曲

海堂尊『ジーン・ワルツ (新潮文庫)』読了。「代理母出産」と「地方医療」(特に産婦人科)に関する現実の社会問題を小説にしたセミ・ノンフィクション的作品。出産時の希有な症例で死亡した妊婦の治療にあたった産婦人科医が、メディアの前で逮捕されるとい…

メモ

Groovy for Domain-specific Languages作者: Fergal Dearle出版社/メーカー: Packt Publishing発売日: 2010/05/30メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (9件) を見る

メモ

[Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ)作者: 伊藤直也,田中慎司出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2010/07/07メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 80人 クリック: 1,84…

山口敏太郎 × UMA

以前にそこまで言って委員会 『森羅万象どんなことでもわかりやすく教えちゃいまSHOW』(2010年5月30日放送放送)に出演されてた山口敏太郎氏に触発されて『世界の未確認生物ファイル (PHP文庫)』を購入・・・というより、本屋に行ったら目に付いたので買っ…

パーフェクト・プラン

柳原慧『パーフェクト・プラン』読了。第2回『このミス』大賞受賞作。 目次が「第一の誘拐」〜「第四の誘拐」ってのがおもしろい。 別に4人誘拐するってワケではなく、誘拐されるのは同じ子ども。 ただ、誘拐される状況や動機がそれぞれ違ってて、考えられて…

気候を修理する

『CO2と温暖化の正体』読了。地球温暖化をガンガン煽る本かと思って買いましたが(?)、なんか、すっごく真面目に温暖化のことが語られててビックリ。 というか、著者はCO2 による温暖化の提唱、広報(といっていいのかな?)などに直接関わってきた、気候科学…

Web を支える技術

山本陽平著『Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)』読了。Web 成功の要因はなんといっても『シンプルさ』。 当初シンプルな技術でも、いろいろなニーズに応えるために段々複雑化していき、その中から、もしくは似た技術から新…

こんな本があるんですね

ん―日本語最後の謎に挑む (新潮新書)作者: 山口謠司出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/02メディア: 新書購入: 4人 クリック: 99回この商品を含むブログ (26件) を見る

ケプラー予想

ジョージ・G・スピーロ著『ケプラー予想』読了。予想してたより面白かった!「フェルマーの最終定理」と並ぶ難問、「ケプラー予想」。 間もなく21世紀に入ろうかという1998年に解決された(証明とされる論文が掲載された)けど、後2年待てば確実にミレニアム…

最近の読書

何ヶ月か前になるモノもあるけど、最近の読書。SF小説がリアルになる 量子の新時代 (朝日新書 187)作者: 佐藤文隆,井元信之,尾関章出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2009/07/10メディア: 新書購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (19件) を見…

辛坊

著者の一人、辛坊正記氏って、日本総研情報サービス代表取締役の方のようですね。 兄弟かなんかかな? 日本経済の真実―ある日、この国は破産します作者: 辛坊治郎,辛坊正記出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/04メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 216回…

辛坊治郎著

「そこまで言って委員会」副委員長の辛坊治郎氏の著書が発売したそうです: 日本経済の真実―ある日、この国は破産します作者: 辛坊治郎,辛坊正記出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/04メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 216回この商品を含むブログ (38…

高校生からの

『高校生からのゲーム理論 (ちくまプリマー新書)』読了。非常に読みやすい本ですね。 高校生だけじゃなく、(ゲーム理論を専門でやる人以外の)大学生や社会人でも楽しく読めるかと。目次は 第1章 戦略編 ゼロサム・ゲーム / チキン・ゲーム / ナッシュ均衡 …

経済書メモ

経済もちょっと体系的に勉強したい気がするけど、なかなか手が出ない。 まずは一般向けのを何か呼んでみようか・・・ チョットくらい数式入ってる方がイメージ湧いてうれしいんだけど。下記、どこかのサイト・ブログに載ってた一般向けの経済書・・・と言い…

20世紀の数学

『数学の20世紀―解決された30の難問』読了。「ヒルベルトの23の問題」と「フィールズ賞」を主軸に、多岐にわたる数学の分野を簡潔に著した本。 用語の専門性と簡潔な説明のため、少々(かなり?)難しく感じるけど、読み始めると案外止められない。 細分化甚…

支える技術

最近よく目にする WEB-DB PRESS のプラスシリーズ、『○○を支える技術』の本をメモ。 最近出されたのは「Web」。 他のは、出たのは結構前なのね。 Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)作者: 山本陽平出版社/メーカー: 技術評論…

最近の読書(竹内薫著)

最近の読書。 数ヶ月前に読み終わったのもあるけど。 『量子重力理論とはなにか―二重相対論からかいま見る究極の時空理論 (ブルーバックス)』読了。 全4章からなり、前2章は(特殊)相対論と量子力学の準備的話。 大学初年級の知識で理解可。後2章は量子重力…

WEB+DB PRESS vol.55

年度代わりのためか、連載終了多いですね。 休刊かと思った(笑)川口耕介氏『やっぱりJavaがスキ!』も終わり。 今回は Java EE 6 の特集でした。 WEB+DB PRESS Vol.55作者: 西岡祐弥,佐々木一,長野雅広,ミック,森田創,鶴岡直也,西林孝,高林哲,羽生章洋,小…

書籍メモ

本屋で棚を見てて気になったモノをリストアップ。 まだ、読んでないけど。 ブレイクスルーの科学者たち (PHP新書)作者: 竹内薫出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2010/03/16メディア: 新書購入: 2人 クリック: 21回この商品を含むブログ (15件) を見る アス…

近書目録

『とある魔術の禁書目録』20巻、3月11日15日発売。 さて、どんな人々の運命が交差するのか! とある魔術の禁書目録(インデックス)〈20〉 (電撃文庫)作者: 鎌池和馬,灰村キヨタカ出版社/メーカー: アスキーメディアワークス発売日: 2010/03/10メディア: 文庫…

ありえない

アダム・ファウラー著『数学的にありえない』読了。ミステリーやアクションもふんだんに取り込みつつ、数学(確率論と量子力学)の話題を随所に取り込んだ内容。本書中に2度ほど確率論の抗議が出て来ますが、あんな授業なら楽しそう! 数学的にありえない〈…

フェルマーの最終定理

サイモン・シン著『フェルマーの最終定理 (新潮文庫)』読了。数学の難問の本と同時に、数学者列伝と言える本。 変わった人多いね、数学者(笑) フェルマーの最終定理の証明に重要な役割を果たす「谷山-志村予想」に関して、内容に加えて彼らのことにも言及…

死因不明社会

海堂尊著『死因不明社会―Aiが拓く新しい医療 (ブルーバックス)』読了。「解剖率2%」という日本の現状と、『イノセント・ゲリラの祝祭』で展開されていたその打開策を、学術的な視点で紹介されてあります。 と言いつつ、話が小難しくなってきたら、「火喰い鳥…

帰ってきたバカヤロー

高橋洋一・竹内薫著『鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学)』読了。前巻『バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5)』に引き続き、対話形式で書かれているので読みやすかったです。 とはいっても、全体的に民主党の閣僚人事(11章中3章)とマニ…

イノセント・ゲリラの祝祭

海堂尊著『イノセント・ゲリラの祝祭』(上・下)読了。今回は病院内ではなく、厚生労働省で開かれる会議での討論等々がメイン。 既にミステリーとかではなく、手術などの医療イベントも出て来ませんが、著者的には著作を通して訴えたい事柄の本丸なのではな…

三宅久之著

『ニュースが伝えない政治と官僚 (青春新書INTELLIGENCE)』読了。「そこまで言って委員会」や「TV タックル」でおなじみの三宅久之氏の著作。 TV で議論が白熱した時の激しさとは違った、物腰穏やかそうな感じ(笑)の文章で読みやすいですね。 結構、中高生…

笑う科学

志村幸雄著『笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)』読了。日本人でイグ・ノーベル賞を受賞していらっしゃる方が沢山いて、日本人も捨てたモンじゃないなと実感。受賞者に大学研究者の方もいれば、そう言った職とは全然違う様な人もいて…

頭の体操 BEST

多湖輝著『頭の体操 BEST』読了。久しぶりに読んでみて、見たことない問題でも昔に比べれば解けるようになったかも。 性格がひん曲がってきた証拠かな(笑)文庫版は6巻までで出版止まってるようですけど、続きは出るのかな? 1〜3巻と4〜6巻の間も結構空い…

とあるマンガの近書目録

『とある科学の超電磁砲』第4巻発売。 一方通行のレベル6移行計画のお話。 時間軸的にはノベルズ3巻の前日譚。ミサカ妹、ナカナカ面白い。 「ゲコ太バッジ」なる新アイテムなんかもあったり。 とある科学の超電磁砲 4―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミッ…

克つ!

田平武著『アルツハイマー病に克つ (朝日新書)』読了。これからの高齢社会、第1章『「物忘れ」とは、アルツハイマー病とは』、第2章『身近にあるアルツハイマー病』、終章『アルツハイマー病にならないために』あたりは読んでおきたい。それら以外の章は病気…

世界一分かりやすい?

『世界一わかりやすい英文法の授業』読了。世界一かどうかは分かりませんが、英文法の分かりやすい解説書です。 (日本の)教科書的な英文法の説明に辟易している人は、一度手に取ってみればよいかと思います。「助動詞にいくつも意味があって区別する必要が…

シンメトリーとモンスター

『シンメトリーとモンスター 数学の美を求めて』読了。昔はこういった(数)学者に重点を置いたストーリーには全然興味を感じませんでしたが、最近はこういった話がナカナカ面白いなぁと感じるようになってきました。 まぁ、書き方が上手いというのもあるか…

10人の・・・

『日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)』読了。「そこまで言って委員会」でパクリ企画をやっていたので、大本を読んでみた。ランキング順位の付け方は同じで、上位2人は「そこまで言って委員会」と順位がテレコになってますが「談話二人衆」が占めて…

アレルギーはなぜ

『アレルギーはなぜ起こるか―ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ (ブルーバックス)』読了。前半の「喘息」と「アトピー性皮膚炎」でかなり挫折しかけた。 実際にこれらで悩んでいる人、もしくはそういう人が身近にいる人が読むと役に立つかと。アレルギー…

政権力

『政権力 (青春新書)』読了。三宅氏の著作、読んでみました。 力を入れて主張している箇所は、『そこまで言って委員会』や『TV タックル』で主張されていることと大体同じ(それを丁寧に書いたもの)なので、その辺りはすんなりと読めます。また、幾人かの総…

新しい発生生物学

『新しい発生生物学―生命の神秘が集約された「発生」の驚異 (ブルーバックス)』読了。高校生物で「発生」ってどうもややこしいって印象があるので、高校生物をチョット飛び越えて勉強し直そうかと思い購入。こういった生物学関連の書籍を読んでると思うのが…

地図で読む

『地図で読む世界の歴史 (知的生きかた文庫)』読了。地図のない世界(というか歴史)の本って片手落ちだなぁ、と常々思っていたのでこの書籍をタイトル買いしたのですが、内容が見開きの項目ごとなので、元々世界史の流れが頭に入ってないと読んでもイマイチ…

対案?代案?

『代案を出せ!』読了。対案(たいあん)←→代案(だいあん)対話形式で書かれてるせいか、非常に読みやすかったですね。 『そこまで言って委員会』や『TV タックル』で普段から勝谷氏が主張しているような内容が多かったからかも知れません。今の国民は、だい…

ケータイ大喜利本

『ふたたび 着信御礼!ケータイ大喜利 (ヨシモトブックス)』読了。ケータイ大喜利、リアルタイムに読まれてこそのおもしろさ!かと思ってましたが、活字で読んでもナカナカ。 そういえば、HP の反省会も結構面白いから、不思議でもないか。放送中に紹介された…

無限論

『無限論の教室 (講談社現代新書)』読了。まぁ、これも1つの青春かな、という感じのストーリーに乗せて、無限論の流れを追っていくお話。 結構読みやすかったです。タジマ先生は「可能無限派」だとのことでしたが、その割には、後半は「実無限派」の話が多か…

人類進化

『人類進化99の謎 (文春新書)』読了。人類誕生の説として唱えられているいわゆる「イースト・サイド・ストーリー」*1って、間違ってたのが証明されてたんですね。 初めて知りました。 最近 NHK あたりで、おもいっきりこの説をやってた気がしますが。昔の文…

出てました

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 18 (ジャンプコミックス)作者: 荒木飛呂彦出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/07/03メディア: コミック購入: 6人 クリック: 53回この商品を含むブログ (92件) を見る

高校英語

『高校英語を5日間でやり直す本 楽しみながら、らくらくマスター! (PHP文庫)』勉強としての英語ってのも最近してませんが、たまにこういうのを読んでみるのもいいですね。 しかも、この本はあまり「勉強、勉強」って感じではない分、取っつきやすかったです…