読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倭マン's BLOG

くだらない日々の日記書いてます。 たまにプログラミング関連の記事書いてます。 書いてます。

そこまで言って委員会 NP 2015年8月2日

そこまで言って委員会

太平洋戦争とは何だったのか? 徹底解明 SP

ゲスト

  • 元防衛大臣 森本敏
  • 国際基督教大学教授 西岡力
  • 映画監督 原田眞人

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

小説も出てるのね。
脊山麻理子写真集「SEYAMA」

脊山麻理子写真集「SEYAMA」


あの戦争もっと早く終結させることはできた?

序章 「終戦」

パネラー できた or ムリ 答え
桂ざこば できた 鉄が無く竹やりで・・・
原田眞人 ムリ 昭和天皇の御聖断無しには・・・
長谷川幸洋 できた 東条内閣が倒れた直後
宮家邦彦 できた 政治責任を取る政治家がいれば・・・
脊山麻理子 ムリ 自己犠牲で国を守る日本人の性質
田嶋陽子 ムリ 情報不足 無知と偏見
竹田恒泰 ムリ アメリカにその気がなかった
井上和彦 ムリ 特攻隊の戦果
森本敏 できた ポツダム宣言直後
西岡力 ムリ 昭和天皇も鈴木首相も役割を果たした

8月15日、陸軍若手将校らのクーデターなんてのがあったのか。

井上氏の話では、特攻隊って結構戦果を挙げてたようで(【追記】NHKスペシャルによると虚偽の撃沈報告が多数あったもよう)。 たしかドイツだかイタリアだかでも同じような戦法がとられたけど全く戦果が挙がらず即時中止したとかいう話があって、日本は合理的な戦略判断ができなかったというような批判をされてた気がするんだけど違ったかな? 海上戦で空母を撃沈するのには適した戦法だったのかな? ただ、この戦法は当時の国際法的には合法でも、今現在戦争が起こったときに使うと非難囂々だろうね。 ドローン技術で不必要になるだろうし。

あの戦争回避することができた?

第2章 「開戦」

パネラー できた or ムリ 答え
桂ざこば できた なのに・・・何故?
原田眞人 ムリ 日本の国力
長谷川幸洋 できた 南部仏印進駐さえ避けられたら・・・
宮家邦彦 できた 満州の権益を日米で共有できた
脊山麻理子 ムリ アメリカ側に追いつめられた
田嶋陽子 ムリ 精神年齢13歳説
竹田恒泰 できた 石原ではなく東条が失脚なら
井上和彦 ムリ アメリカが始めさせた
森本敏 ムリ 国家自存自衛のため
西岡力 ムリ ナチスドイツと組んだのが間違いだった

日米開戦の前に和平交渉を行ってたが、アメリカには和平の思いはなく、結局原爆が落とされることに。 戦争が起きる前に話し合いで何とかすべき、という論がよくでるけど、いつもそれがうまくいくなんて安全神話以外の何ものでもない。 どんなに交渉が失敗しても国を守ることができる最低限の準備は必要。

第2次大戦にて、日本が情報収集がまともにできていればナチスドイツと同盟を組むなんて愚は犯さなかったとのことだけど、確かにこの同盟のせいでいつまでも日本がナチズムと思われ続けるという、ものすごい国益の損失があったな(というか今も続いている)。 ドイツとイタリアにナチが台頭したせいで、日本がナチズムであったという前提のもと、「日本のヒトラー、ムッソリーニは誰だ」という無理な型ハメが横行している。 現実には暴走する下部組織(軍)とそれを止められない無能なトップみたいな話。 現在、外国人が日本人・日本組織に持っているイメージそのものな気がするけど、第2次大戦に関しては日本人にこのイメージが全く適応されない謎。

日本の特攻作戦自爆テロだった?

第3章 「激戦」

パネラー 自爆テロだった or 自爆テロではない 答え
桂ざこば 自爆テロではない 最後の手段
原田眞人 自爆テロではない 追いつめられた作戦としての結果
長谷川幸洋 自爆テロではない まったく違う
宮家邦彦 自爆テロではない 「精密誘導兵器」
脊山麻理子 自爆テロではない 自己犠牲で大切なものを守る日本人
田嶋陽子 自爆テロではない しかし、その走りかもしれない
竹田恒泰 自爆テロではない 軍事目標主義
井上和彦 自爆テロではない まったく別次元
森本敏 自爆テロではない 目的と対象が明確
西岡力 自爆テロではない 自己犠牲の究極の形

海軍中将大西瀧治郎 8月16日自決 特攻の生みの親(諸説あり)。 遺書には特攻隊員への感謝と遺族への謝罪。

田嶋氏の発言を聞いてると、肉を食べる人がその肉を製造するプロセスを見て残酷だと非難してるようなやりきれなさ(というか滑稽さ)を感じてしまう。 ヨーロッパで自由を勝ち取った市民革命でも多くの血が流されてるし、スイスなどの永世中立国は国防のために軍隊持ってる(徴兵制もある)じゃん。

あの戦争侵略戦争だった?

第4章 「敗戦」

パネラー 侵略戦争だ or 侵略戦争ではない 答え
桂ざこば 侵略戦争だ 戦争はすべてそうなる
原田眞人 侵略戦争だ 仕掛ける側が侵略戦争
長谷川幸洋 侵略戦争だ 「満州は清国の領土」
宮家邦彦 侵略戦争だ 欧州諸国の対中進出と同様
脊山麻理子 侵略戦争ではない 欧米列強こそ侵略を認めるべき
田嶋陽子 侵略戦争だ 何をどう言いつくろおうと
竹田恒泰 侵略戦争ではない マッカーサーも言ってるじゃん!!
井上和彦 侵略戦争ではない 「アジア解放戦争」
森本敏 侵略戦争ではない 自存自衛の目的
西岡力 侵略戦争ではない 「平和に対する罪」遡及適用は違法

大東亜戦争肯定論 (中公文庫)

大東亜戦争肯定論 (中公文庫)

第2次大戦時、東・東南アジアで独立を守ってたのは日本とタイだけ、ってことは日本軍が戦ったのは今現在の東・東南アジアの国というよりは欧米諸国とみるべき。 ということは侵略を謝罪するのはそれらの欧米諸国に対してってことになるのでは? でも何かしっくりこないよねぇ。 それは欧米諸国が東・東南アジアを実質的に侵略してたから(東・東南アジアだけじゃないけど)。 普通に考えて日本より欧米諸国の方が謝罪すべき度合いが高いと思うんだけど。
ありがとう日本軍

ありがとう日本軍

それにしても、一般素人ではなくジャーナリストが今の価値観で過去を見るとか・・・意味分からん。 戦後直後の大卒初任給が数百円だったらしいけど、これを見てブラック企業だって言ってるようなもんじゃん・・・(国家公務員540円だそうで)

ただ、悲しいかなアメリカではこういった過去の歴史を現在の価値観で評価するような考え方が一般的らしい。 他国はどうなのか知らないけど。 海外に情報を発信するときはそれを踏まえておかないといけないような現状。